JR環状線「桃谷」駅より徒歩1分、天王寺区烏ヶ辻の皮膚科・形成外科・アレルギー科「ももだに皮ふ科クリニック」です。
ももだに皮ふ科クリニック 皮膚科・形成外科・アレルギー科 JR環状線「桃谷」駅すぐ 熊谷ビル5階

尋常性疣贅

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

皮膚から盛り上がっている小さなできもの一般を俗に「いぼ」と呼んでいます。そのため、”イボ”といっても多種類の異なる皮膚疾患が含まれています。ウィルスが感染してできるイボ(ウィルス性疣贅)が最も一般的です。これ以外にも中年期の首イボ(スキンタッグ)、老人性イボ(脂漏性角化症)、小児のミズイボ(伝染性軟属腫)、足底のウオノメ(鶏眼)やタコ(胼胝)、良性および悪性皮膚腫瘍などもあります。したがって治療が必要な「いぼ」なのかどうかを決定するには、的確な診断が必要になります。勝手な自己判断で取り返しのつかない結末にならないよう十分注意しましょう。

当院では「日本皮膚科学会認定皮膚科専門医」が豊富な経験と知識をもとに的確な診断と治療を行います。

皮膚科医が通常”イボ”と言う場合、ウイルス性疣贅を指しますので、以下、ウイルス性疣贅について説明をします。

原因

ウイルス性疣贅はヒト乳頭腫ウイルス(human papilloma virus;HPV)が皮膚や粘膜(口や外陰部)に感染して生じます。正常の健康な皮膚や粘膜には、このウイルスは感染できないと考えられています。ごく微小な傷などで皮膚のバリアに破綻が生じると、そこからウイルスが皮膚に侵入します。そして表皮の基底細胞に感染し、増殖を繰り返して疣贅をつくると考えられています。実際、日常の臨床でも小さな傷ができることの多い手足や外陰部に疣贅(いぼ)がよくみられます。またアトピー性皮膚炎などで引掻くことが特に多い肘・膝窩などにも疣贅ができ易いことがよく知られています。
HPVはウイルスを構成するDNAの違いにより、現在のところ110種類以上の遺伝子型が確認されています。HPV感染の好発部位、臨床症状と病理組織像の特徴は、HPVの遺伝子型とある程度相関することがわかってきています。疣贅をつくるHPVは通常良性ですのでまず癌化することはありません。一方で、ある種の遺伝子型(普通の疣贅をつくるものとは異なります)が、尖圭コンジローマ(性感染症の一つ)や子宮頸癌や疣贅状表皮発育異常症に生じる皮膚癌などの原因になっていることも分かってきています。

HPVの遺伝子型の違いによって形状の異なる疣贅ができます。日常診療で頻繁に遭遇する尋常性疣贅は主としてHPV2、27、57型の感染、扁平疣贅はHPV3、10、28、29、77、78、94型の感染、尖圭コンジローマはHPV6、11、44、55型などの感染によって生じます。

この他の非定型的な疣贅であるミルメシアはHPV1感染、色素性疣贅はHPV4/65/95型の感染、ブッチャー疣贅はHPV7型の感染、ボーエン様丘疹症がHPV16型の感染で生じます。

上述のように、ウイルス性の疣贅はHPVが皮膚や粘膜に感染してできる疾患です。通常の皮膚や粘膜には免疫機能や解剖学的な構造などの様々のバリアがあるため、容易には感染しませんが、バリアに何らかの傷があると自分自身の他の部位や他人へ感染する可能性があります。

したがって、免疫力の低下を引き起こすような疾患に罹患している場合、免疫を抑制するような治療を行っている期間中、アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が低くなっている時などには、ウイルスに感染しやすくなったり、症状が悪くなる可能性があり注意が必要です。また、免疫力の低下などがない場合でも、ウイルスは手あれや髭剃りなどに伴う眼に見えない程度の小さな傷からも侵入しますので注意を要します。また、尖圭コンジローマやボーエン様丘疹症は性行為によってうつる性感染症であることも忘れないで下さい。特にボーエン様丘疹症は、子宮癌と概ね同じ型のHPVが感染して生じますので、この点からも性パートナーを含めた感染予防や治療が重要です。

治療

ウイルス性疣贅の治療には未だ特効薬や特効的治療法がありません。多くの場合1回の治療で治すことは困難で再発もしやすいです。そのため疣贅の治療には時間と労力がかかります。
患者さんによって疣贅の種類や発生部位などが異なるため、種々の治療法に良く反応する場合と反応しにくい場合があります。治療をしても効果が出にくいからといって放置していると疣贅が拡大してしまうため、治療に時間がかかってもあきらめず、焦らず、定期的に治療を行い続けることが大切です。
保険適応のある尋常性疣贅の治療には、液体窒素を用いた冷凍凝固療法、スピール膏貼付、ヨクイニンエキス内服、電気焼灼法があります。これらの治療法の中から、最も適していると思われるものを選択して行い、効果が認められないときには適宜治療法を変更・追加していきます。

扁平疣贅は顔面や上肢や手背などに長期にわたって出現することが多いです。自然消退することも多くみられますが、治療を要する場合はヨクイニンエキス(保険適応)やシメチジン内服療法、2-5%サリチル酸製剤の外用(保険適応)が有効であることがあります。顔面の皮疹に液体窒素凍結療法(保険適応)や電気焼灼法や炭酸ガスレーザー療法を行う際は、色素沈着や瘢痕を残す可能性があるため、患者さんへの説明と施術時の細心の注意が必要です。

また、尖圭コンジローマに対しては液体窒素凍結療法(保険適応)、イミキモドクリーム(ベセルナクリームR)外用(保険適応)、三塩化(あるいは二塩化)酢酸の外用、電気焼灼法、レーザー蒸散などが行われます。

▲ページトップに戻る

ももだに皮ふ科クリニック

診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日 木曜午後、土曜午後、日、祝日

06-6779-4112

〒543-0042
大阪市天王寺区烏ヶ辻1丁目3の1 熊谷ビル5階

JR環状線「桃谷」駅より徒歩1分

PAGETOP
Copyright © 2019 ももだに皮ふ科クリニック All Rights Reserved.